抵抗線ソフトによるFX運用の記録
さまざまなマーケットの分析に基づくFX運用の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
128.1 %騰落レシオ
やや低下してきた騰落レシオ。MACDもデッドクロスとなってきた。買い転換するにしてももう少し調整が必要。
メッセージ配信
Yahooからのメールが迷惑メールに振り分けられなようご注意ください。
本日はメールは配信しておりませんが念のため。
141.4 %騰落レシオ
12月上旬より過熱感の目安である120%を一度も下回ることなく推移。市場関係者が総強気となってきている。
CME:10420円前後
金曜日本夕場引けと比べ100円以上低いレベルで推移。
149.3 %騰落レシオ
やっと日経新聞にも騰落レシオが高水準で継続しているという記事がでてきた。歴史的には120%以上を警戒ゾーン、130%以上を過熱とされるが、記録的な強い状況が継続している。
ただ、昨夜のアメリカの雇用統計が弱かったが、相場の流れが変わるだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。